「8年越しの花嫁」感想|感動の実話を映画化

8年越しの花嫁」最近観たラブストーリーの中でもすっごく泣ける映画でした!

「8年越しの花嫁」の好きなところ

二人が初めて話すシーン

飲み会でつまらなそうな感じで過ごす尚志がどうしても気になり、結局麻衣が抑えきれず「なんなの!?」と言うシーン。

実際にそんな感じの人がいたら、わたしなら言えないのでなんだかスカッとしました。

だけど、体調不良だと分かり、その後はホッカイロを渡して優しい子なんだろうなと感じました。

尚志も麻衣のことが気になりだしたのがよくわかるシーンで、「あるよねー」と共感出来ました。

尚志が働いているシーン

尚志の職場の方々も素敵な人達が多くていい職場だな…そんな職場で働きたいな…と単純にうらやましく感じました。

小さな会社だけど社長の人柄が素晴らしいなと。

尚志が困ったり、悩んだりしているのをすぐに気づいてさりげなく相談しやすい雰囲気を作ってくれる。

そして、話をすれば前向きな言葉で背中を押して尚志を元気づけてくれる。

言葉だけでなく、ただ一緒に気分転換の為に出かけてくれたり・・・。

そんな社長がいる会社で働きたいなと思いました。

二人が自然にカップルになっていくシーン

出会いもよくある飲み会で、そこからドライブに行ったり、クリスマスに一緒に尚志のアパートで過ごしたり。

エマ

キスをしようとしてテーブルクロスを引っ張ってしまい、料理がぱぁになるシーンもお茶目で良かったです❤️

おとなしい尚志が麻衣と一緒にいる時間が多くなっていく中でだんだん明るくなります。

麻衣は尚志に新しい世界を見させてくれる女神のように感じました。

尚志の同僚の結婚式のシーン

同じ飲み会でカップルになった先輩カップルの結婚式。
本当は尚志が先に式を挙げるはずだったのに…。

それなのに尚志はそんなことを微塵も感じさせないようにいっぱいの笑顔とたくさんの拍手で先輩をお祝いするシーンが、なんだか切ないけど、尚志の人柄の良さがものすごく感じられるいいシーンでした。

さりげなく尚志を気に掛けながら社員の門出を祝う社長の姿もやっぱり素敵だなと思いました。

麻衣が自分の力で尚志が暮らしている島に行き、好きだと告白するシーン

記憶は戻っていないけど、またあなたを好きになったという麻衣の告白への尚志の答え方がとても素敵だなと思いました。

say name=”エマ” img=”https://www.coolnotions.com/wp-content/uploads/2019/12/D9DBF577-E3E4-43C0-9CAA-9687CA0C11E3.jpg”]麻衣の目線に合わせて腰を落とし、「俺はずっと好きでした」「一緒に歩こう?」と言いながら手を差し出し、カラダを支えながらゆっくりゆっくり歩くシーンは今までのことを思い出しながら泣きました。[/say]

何歩か歩いた後で「一緒に歩こう…これからも」と麻衣を強く抱きしめるシーンでとどめを刺されさらに号泣T^T

告白の後に単純にキスシーンで終わる作品が多い中、じっくりと二人の気持ちが通じた事が表現されていてとても感動しました。

このシーンの佐藤健、土屋太鳳の演技もフィナーレに相応しい最高の演技だったと思います。

「8年越しの花嫁」を観て、どんな風に考えたのか

自分がこの二人と同じ状況だったらどうするだろう…と考えました。

身近では祖父が脳梗塞で身体が不自由な状態。

祖母と母がサポートしているけど自分の彼氏や夫がそうなったら心がもつかなと…。

まず、元気だったのに急に倒れて見た目も変化する。
その変わり果てた姿を変わらずに愛していけるのかなと…。

主人公の尚志は、変わり果てた姿の麻衣を変わらず愛し続け、毎日尽くしていたのが単純にすごいし素敵すぎるなと感じました。

まだ正式に結婚していなくて、家族になっていないのに、毎日毎日麻衣に話しかけたり、身体が固まらないようにマッサージしたり、献身的に看病する尚志を素直に尊敬しました。

麻衣のご両親の考え方も共感出来るし、納得もできました。

「壊れていくのは私たち家族だけでいい、だから麻衣のことはもう忘れて」と尚志に伝えるシーンはすごく重みを感じますね。

悲しみや不安を抱えて過ごしていくのは私たち家族だけでいいのよと…冷たいようだけど尚志の事をちゃんと考えてくれて、とてもいいご両親だなと感じました。

目覚めるかわからないのに、最悪は死んでしまうかもしれないのに麻衣が目覚めると頑なに信じて、撮った動画を麻衣の携帯に送り続ける尚志はとてもひたむきで辛抱強い人だなと感じました。

それと同時に、麻衣はとても愛されているなと感じました。

どんなに仕事が出来ても、どんなにお金を持っていても誰かからこんなに深く愛される事ってとても難しいから。

生きているうちに経験できずに一生を終える人だっている中で、麻衣は愛し抜かれていてとても羨ましいと思いました。

また、結婚式場のスタッフも素晴らしい!

前例がない中、毎年二人の為に日にちを確保してくれて、一緒に結婚式を挙げられる日が来ると信じてくれて。
ブライダルの仕事って素敵だなと憧れました。

「8年越しの花嫁」感想

この映画を見ようと思ったきっかけは現在放送されているドラマ「恋はつづくよどこまでも」。

これで佐藤健に完全にノックアウトされてしまい、『もっと佐藤健を見たい』と思い、アマゾンプライムで見られる作品を検索したところ、この作品に辿り着きました。

高校生の頃から佐藤健が好きだったのだけれど、最近は「るろうに剣心」などアクション要素が強い作品が多かったので、恋愛がテーマのものが見たいなと感じたのも理由の一つです。

土屋太鳳と佐藤健の演技力がスゴイ!

「土屋太鳳と佐藤健ってこんなに演技力高かったっけ!?」と感じるほど二人の魅力を感じさせる映画でした。

土屋太鳳は元気でダンスを生かした役が多い中、今回のような役も出来るんだ!と驚き。

発作のシーンとか、患者ならではのうつろな表情とか違和感なく見れました。

土屋太鳳の魅力が存分に分かったので、他の作品もチェックします。

佐藤健は普段イケメンキャラが多い中、今回は整備会社で働く普通の男性。

カッコよさが目立ってしまうかなと思いきや、なかなかバランス良くおとなしい性格の尚志を演じられていたと思います。

ますます佐藤健への愛が高まり、他の作品もどんどん鑑賞しようと思います。

主人公二人以外のキャスティングも◎

他のキャストも誰一人として「これ他の人が演じた方が良かったんじゃない?」と感じることはなく、全員が素晴らしいキャスティングでした。

麻衣の両親役の杉本哲太さん、薬師丸ひろ子さんは言うまでもなく素晴らしかったです。
ちゃんと麻衣の両親になりきっていたと思います。

尚志が勤務する会社の社長役の北村一輝さんは、本当に色んな役を演じられるし、絶対に心に残る演技をして、どんな作品のどんな役でもいい味出していますよね⭐️

今回の作品の役は、北村さんが演じた中で個人的に上位に入るくらい好きな役でした。

まとめ

最後に、こんなに大変な事があっても、一度別れる事になっても最後には結ばれた二人はこの先どんな事があっても乗り越えていけますよね。

わたしも結婚して色々あります。

これからの人生何があるかわからないけど、そんな時はこの二人のことを思い出したいです。

エマ

佐藤健ファンなら、「カノジョは嘘を愛しすぎている」もオススメ。
マンガの実写化はがっかりすることも多いけれど、これは成功例❤️
カノジョは嘘を愛しすぎている 「カノジョは嘘を愛しすぎている」あらすじと感想【ネタバレ注意!】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Amazon Pay で初回2週間無料!映画・ドラマ見放題☆
FODプレミアム公式サイトはこちら
Amazon Pay で初回2週間無料!映画・ドラマ見放題☆無料!映画・ドラマ見放題☆
FODプレミアム公式サイトはこちら