『ビッグバンセオリー』シーズン11最終回のあらすじ&感想

『ビッグバンセオリー』シーズン11最終回

ついに…ついに…!!って感じですね。
あのシェルドンが結婚するなんて、一体誰が想像したでしょう。

シェルドンって結婚とかって興味なさそうで、こだわりが強くて、人に触れるのがキライで、ひたすら自分主義な、あのシェルドンがー。

なんだか感慨深いですね。

シェルドンとエイミーの結婚式

『ビッグバンセオリー』シーズン11の最終話は、ついにシェルドンとエイミーの挙式が行われます。

結婚式の司会は、ウィル・ウィートンがすることになっていた。

式のために蝶ネクタイを結む練習をするシェルドン。
でも上手できないシェルドン。
「非対称の方がむしろ素敵。」とエイミーは言うのだった。

ファラファウラー夫妻を空港に迎えに行くペニー
クーパー家は、ラージが迎えに行ったのだった。

ファラファウラー夫妻は奥さんの方がずっと力関係が強いよう。
奥さんに遮られて、旦那さんはずっと喋れない。

裏庭で犬を拾ったハワード

飼い主に連絡したら、来たのが何と『スター・ウォーズ』でルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミルだった!

「マーク・ハミルだよっ!!」と大興奮のハワード。
「何かお礼をしたい」というマーク・ハミル。
ハワードは彼にシェルドンとエイミーの結婚式の司会を依頼するのだった。

わたしは『スター・ウォーズ』はあまりちゃんと見たことがないので、シェルドンやハワードのように、マーク・ハミルを見てもワクワクしない(>人<;)

エイミーと同じ立場だね。

でも『スター・ウォーズ』ファンの人から見れば、すっごいドキドキ何だろうなー!

ここは、自分の好きな俳優さんが、結婚式の司会をしてくれると想像してみたら、シェルドンたちの興奮が分かって来たかも。

式当日

新郎新婦が会場に現れない。
何とシェルドンが突然気づいたのだった。
数式に超非対称性を取り入れることを思い付いたのだった。

それは、エイミーが蝶ネクタイのときにふと言った「非対称」が、シェルドンの頭の中で繋がったのだった、

新郎新婦が全く現れないことに苛立ち、
「この結婚は間違いだ、エイミーを連れて帰る」と立ち上がったエイミーの母。

ペニーは彼女に向かって「座って!」と言い、シェルドンがいかにエイミーを愛し、大切にしているか伝えるのだった。

ペニーの優しさ、正義感の強さが表れていてカッコイイ!!

新郎新婦がやっと会場に登場。
マーク・ハミルが司会だと知り、嬉しさのあまり戸惑いを隠せないシェルドン。

ずっと憧れていた人に急に出会うと、あんな風になるのだなーと。
シェルドンかわいいww

指輪の交換をする2人。
エイミーのシェルドンへの愛の言葉が素敵すぎる。

幸せに満ち溢れ、ハッピーオーラでキラキラしている。
なんて可愛らしいのだろう!
エイミーがいつもより、ずっとずっと美しく見える。

シェルドンもいつもより言葉少なだけれど、エイミーへの愛がしっかり伝わる素敵な言葉でした。

決して順調に交際が続いたわけではなく、別れそうになることもあったけれど、こうして2人が夫婦になれてうれしい!

エマ

これからも永遠に2人は一緒に、幸せに暮らすのだろうなーとかんたんに想像できる。

シェルドン、エイミー、本当におめでとう☆*:.。.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


初回31日間無料!映画・ドラマ見放題☆
U-NEXT公式サイトはこちら
初回31日間無料!映画・ドラマ見放題☆
U-NEXT公式サイトはこちら