「美女と野獣」実写映画の感想。エマ・ワトソンの美しさにホレボレ

2017年公開のディズニー映画実写版「美女と野獣」が大好き💕

魔女の呪いによって恐ろしい野獣となった王子と、町の人たちには変わり者と呼ばれる読書好きな美女ベルの二人が心を通わせていく物語。

ディズニーの長編アニメーションが実写化されるなんて・・・!

実際にポット婦人やルミエールたちが歌ったり、踊ったりしている姿を見るのが、まさか本当に実現するなんて、初めて観た時は夢のようでとても驚きました。

今の映画の技術で実写できるものが増えてきていることの恩恵のように感じました。

また、アニメーション映画ではなかった場面が実写版には追加されていました。

初めて「美女と野獣」を知った人も、ずっと好きだった人も更に楽しめる内容となっていました。

わたしのイチオシ場面は?

父親を心配しているベルを、野獣が屋敷から出してあげて、ベルを思いながら歌い上げる場面です。

俳優ダン・スティーブンスが歌い上げる「ひそかな夢」はベルを想う野獣の気持ちをひしひしと感じさせます。

「本当にベルは帰ってくるのか、ベルにもう一度会えるのだろうか」という切ない気持ちを低く心地よい声で聴かせてくれます。

アニメーション映画の一場面を更に盛り上げた部分と言えるでしょう。

知的で行動的になった賢いベル

エマ

実写版で新たに追加された場面としては、ベルが自分の知恵で行動しようとするところでしょうか。

洗濯を効率行おうと改造してみたり、父親と一緒に捕らえられ鍵を開ける際には自分の髪留めを用いたり、野獣の元へ急いで戻るためにドレスを破いて颯爽と向かうシーンは印象的です。

主役のエマ・ワトソンが演じるベルは、とても賢くきれいでした。

エマのことは「ハリー・ポッターシリーズ」で優等生ハーマイオニーを演じているときから、好きでした❤️

年齢が上がるにつれ美しくなっていって、まさにベルを演じるべき人だったと今になって思うのです。

1番の盛り上がり、ベルと野獣のダンスシーン

例えば、ベルの着ている黄色のドレス。

ベルの服装と考えた時に思いつくのがドレスもしくは、青の普段着ているドレスではないでしょうか。

個人的な考えですが、黄色のドレスを着こなすのは難しいように感じています。

エマの見事にで美しい黄色のドレス姿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Emma Watson(@emmawatson)がシェアした投稿 –


スワロフスキーが所々施された衣装は重く、ダンスシーンは大変だったとのことでしたが、見事に演じてみせました。

同じく、ダン・スティーブンスも野獣を表現するため高足を着けたりと苦労をされています。

その大変だった様子を微塵も感じさせず、二人のダンスシーンは、とても美しく引き込まれていきました。

歌の「~美しく咲きほこれ 永遠の愛」では二人で手を組み、見つめ合うシーンは本当に感動的であまりの美しさに涙が出てきそうになります。

ダンスシーンとなる大広間の装飾も見事でふたりの美しさを際立たせる程でした。

ポット婦人が歌う「美女と野獣」は二人を包み込むような優しい歌声がとても聞き応えを感じさせるのです。

あの瞬間は本当に永遠のものだなと感じさせてしまうのです。

実写版オリジナルの歌の数々

ポット婦人の歌といえば、「美女と野獣」では実写版で新しく追加された歌もありました。

この文章で先ほどもお伝えしていますが、まずダン・スティーブンスの「ひそかな夢」もですし、「時は永遠に」という実写書き下ろしの歌もあります。

「時は永遠に」は劇中やエンドソングにも流れ、あの「タイタニック」で有名なセリーヌ・ディオンさんが歌い上げており、歌声に感動させられます。

その中でもやはりわたしは「美女と野獣」が好き!

英語で聴くのもちろん好きですが、日本語和訳の歌詞がとても素敵なのです。

「時をこえ 語り継がれ 時をこえ 愛された Beauty and the Beast」

たくさんある時代の中で、奇跡にして偶然にも出会えた二人の愛を歌っているのだと、わたしは感じました。

ベルと野獣の胸にある「孤独感や寂しさ」が二人を近づけた

小さい頃に両親を亡くし、家来たちは居るけれども心が寂しくなってしまった王子。

母親を亡くし、父親に大事に育てられたものの、町では「謎めいている、変わり者だ」と指をさされていたベル。

エマ

二人とも心の中に、何か孤独感や寂しさといったものがあったのでしょう。

二人は出会い、最初は反発しながらも少しずつお互いを知ることで、似た部分があり共感していったのでしょう。

二人は心を通わせ愛し合うようになり、唯一無二の人を見つけることができて、わたしまでほんわかと心が温まるようです。

野獣とガストンの対比も物語を引き立たせている

恐ろしい姿だけども心は優しい野獣、見た目はきれいだけども心は醜いガストン。

ガストンにベルと野獣の仲を破滅させられようとしても、二人の真っすぐな気持ちは眩しく誰にも引き裂かれることはできない、強さを感じさせられました。

ガストンが野獣の住む城を襲撃し、やがて追い詰めていき、戻ってきたベルと再会する場面は結末がわかっていても胸に響くものがあります。

子供の時にアニメショーン映画を観て、大人になって実写版を観て、「美女と野獣」はわたしにとって常に近いところにありました。

現実的に起こることは難しいかもしれないけど、夢を見せてくれる物語の一つです。

大人になってから観ても物語にすっと入り込めてしまうのです。

実写化の不安が吹き飛んだ、見事なキャスティングと映像化

アニメが実写版になるときの1番の懸念事項は、「一体誰が演じるか」ということではありませんか?

「美女と野獣」はその不安を一蹴してくれました。

今でもふと思い返したりした時に、一番最初に思いつく場面がベルと野獣のダンスシーンです。

あの場面は実写化されたことにより、更に感動させてくれる場面となりました。

素晴らしい映画を観れたことをありがたく感じます。

キャストや舞台装置のすべてがアニメの世界そのものでした。

また、この主役がずっと観てきた「ハリー・ポッター」のエマだったということも大きいです。

優等生でハキハキとしたハーマイオニーから美しく聡明なベルをへと見事に変化しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


初回31日間無料!映画・ドラマ見放題☆
U-NEXT公式サイトはこちら
初回31日間無料!映画・ドラマ見放題☆
U-NEXT公式サイトはこちら