「ドラゴンボール超 ブロリー」感想。最高に面白い!【ネタバレ注意】

ドラゴンボール超 ブロリー

やはり何と言っても男子に向けた王道のバトルものであるということです。
子どもから大人まで楽しめる作品なのは間違いなし!

エマ

血沸き肉躍るとはよく言ったもので、見ているだけで拳を突き出したくなるような、叫びたくなるような感覚になってしまいます。

本作、「ドラゴンボール超」ではNEWキャラなブロリー

実はもっと前にテレビシリーズの「ドラゴンボールZの劇場版」で敵キャラとして出てきています。

しかもボスキャラとしては異例の3作品にわたって出演というキャラです。

その頃のブロリーのキャラクターは兎にも角にも戦闘狂といった感じ。

感情のコントロールが全くできず、戦闘が始まるとすべてを破壊しつくすまでとまらない、まるで破壊のためだけに生まれてきたかのような存在だったのを覚えています。

孫悟空をご存知の方ならよくお分かりかと思いますが、彼ら戦闘民族サイヤ人といわれる人種は戦闘能力が高く、筋骨隆々の体を持っています。

が、当のブロリーはその常識をさらに2回り以上超えた圧倒的なものをもっていました。

並外れて大きな肉体、けた違いの戦闘力にエネルギー、すべてを一撃で粉砕するほどの破壊力。

そして戦うためだけに生まれてきたかのような戦闘センスと、どれをとっても今までにはいなかった最強とも呼べる敵キャラクターだったというのは間違いありません。

エマ

その当時のわたしは、主人公の悟空たちが戦い、ことごとくやられていく姿を見て初めてアニメで恐怖を覚えたほどでした。

ブロリーという恐怖の存在との衝撃の出会いから数十年

わたしも成長し、日々仕事をこなすだけのつまらない毎日を送る日々。

そんな時に現れたのがかつての恐怖、ブロリーでした。
テレビで劇場版を公開するというのを見て、年甲斐もなく震えが起きたのを覚えています。

そしてまた数か月後、日々に仕事に追われる日々を過ごしていく中、見に行きたいなぁと思いながらとある懸賞に送ったムビチケが当選し、家に発送されてきました。

もう家で小躍りしながら大喜びをしたものです。

そしてそのまた数か月後、そのムビチケを手に最寄りの映画館へ……
劇場版を鑑賞し終えてのまず一言目は、なんというか言葉もありませんでした。

ただただ、終わったことへの感動と胸の高鳴りともう一度見たいという欲求が渦巻いていました。
もう最高です。

戦いに狂っているだけではない、一人の人間としてのブロリー

今回のブロリーはこれまでの戦闘に狂った感じのキャラクターではなく、ちゃんと一人の人間としてキャラクターとして創りこまれていました。

サイヤ人が暮らす惑星ベジータが消滅したのになぜ、悟空やベジータ、そしてブロリー達だけが生き残ったのか。

悟空達が日々地球で成長をしながら激しいバトを繰り広げる中、その裏で織りなされていく過酷な環境で生き抜いていくブロリーの話。

過酷な環境によって自信を見失うほどの戦闘力を手にしていく姿や、それをコントロールできないことで起きる抑制された感情や肉体。

そしてついに出会ってしまった同種族であるサイヤ人の孫悟空、ベジータ、ブロリー。

始まる、激戦に次ぐ激戦。
一瞬たりとも目を離せない白熱の戦闘シーン。

孫悟空の声優を務める野沢雅子さんも言っていましたが、声を吹き込むときもあまりの戦闘シーンの激しさに呼吸困難になりかけたほどの攻防の数々。

そして切り札ともいえる「フュージョン」での合体からの決着。

今までの劇場版は正直終わりを詰め込んだ感じが否めませんでしたが、今回の劇場版はしっかりと始め〜終わりまで一貫して物語が描かれていました。

いきなり敵がやられたり、急に味方が強くなりすぎたり、といった終わりのために用意したかのような無理矢理なシチュエーションはなかったように感じます。

見どころは、なんといっても戦闘シーン

ブロリーと悟空

物語の中盤からひたすらに戦い続けます。
対人戦闘をしたことがないブロリーは、はじめベジータとの戦闘を始めます。

ベジータ優勢で始まった戦闘ですが、ものの1分もかからないうちに自身の体の使い方をおぼえ、人と戦闘の仕方を学習していきます。

始めは押していた攻撃も徐々に防がれるようになり、ついには反撃をするほどに瞬く間に成長するブロリー。

恐ろしく伸びていくブロリーの戦闘能力

それに対抗するようにスーパーサイヤ人に変身するベジータ。

が、それをも超え始めたブロリーの戦闘能力に対し、ついにはスーパーサイヤ人ゴッドにまで変身して戦う。

ようやくここでブロリーがベジータの戦闘力に屈し、湖に沈んでいく。
が、ここで終わるはずもない。

ブロリーはサイヤ人の特徴でもある、大猿に変身してパワーアップするという能力を、大猿になることなく引き出す力を使ってパワーアップ。

自身の理性がコントロールできなくなりつつも、戦うことは辞めない戦闘マシーンになってしまう。

パワーアップしたブロリーの猛攻にベジータは押され始めたとき、ついに戦いにうずき始めた悟空が割って入りバトンタッチ。

ここから悟空vsブロリーという昔の映画を思い出させるような戦闘が始まる

すでにパワーアップしているブロリーに対し力だけでは攻めずに、合気道のような動きでいなしながら戦いを繰り広げる悟空。

だがそれにも、恐るべき戦闘センスをもったブロリーは学習をはじめ、徐々に攻撃を激しくしていく。

スーパーサイヤ人、スパーサイヤ人ゴッドと変身していく悟空だったが、ついにその戦闘力に追いつかれ、ブロリーに追いつかれてしまうが、ここからさらにスーパーサイヤ人ブルーに変身することで形勢を逆転する。

最大のパワーアップ状態のブロリーには、今の悟空を超えることができません。

ココで終わりかというところで、アクシデントが起きます。
とある事情で、いままで育ててくれた父親の死を目の当たりにしてしまったのです。

怒りと悲しみの感情に支配されたブロリーは、最後に残っていた理性のかけらをも消し去ってしまい、スーパーサイヤ人へと覚醒してしまう。

そこからはもう一方的に悟空はやられ、ベジータも加勢に来るが2人相手でも抑えられず。

もうダメかというとき、フュージョンで合体して形成を逆転し、物語はようやく終わりを迎える……といった感じです。

まとめ

約1時間半の映画でしたが、30分に感じるほどスピード感あふれる感じがもう最高でした。

ざっくりと書かせて頂きましたが、どうでしたか?
見たくなりません?

既にDVD、Blu-rayが発売されてますので気になった方は是非とも1度チェックしてみてください。

ドラゴンボールを知らないあなたも、きっとハマるはず!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Amazon Pay で初回2週間無料!映画・ドラマ見放題☆
FODプレミアム公式サイトはこちら
Amazon Pay で初回2週間無料!映画・ドラマ見放題☆無料!映画・ドラマ見放題☆
FODプレミアム公式サイトはこちら