「百万円と苦虫女」無料配信フル動画|あらすじと感想【ネタバレあり】

百万円と苦虫女

印象深い映画の1つに「百万円と苦虫女」があります。

蒼井優演じる「鈴子」が事件を起こして前科持ちに。
そして実家を飛び出していろんな場所を転々として一人暮らしをするというストーリーです。

自身の気持ちに率直に従う鈴子や、そのラフでおしゃれなファッションも見どころ。

蒼井優の演技力なのか、ふとした仕草や食事のシーンなどとても惹かれます。

>>「百万円と苦虫女」を無料で観る♪

「百万円と苦虫女」キャスト

  • 佐藤鈴子(主人公):蒼井優
  • 鈴子の父:矢島健一
  • 鈴子の母:キムラ緑子
  • 鈴子の弟(佐藤拓也):齋藤隆成
  • バイト仲間・リコ:平岩紙
  • 拓也の担任(浅野弥生):江口のりこ
  • リコの元彼氏・ルームメイト?(浜田武):弓削智久
  • 刑務官:嶋田久作
  • 刑事:モロ師岡
  • 真吾:鈴木達也
  • 大学生・ホームセンターでの同僚(中島亮平):森山未來
  • ホームセンターの新入り(宮本ともよ):悠城早矢
  • 仕事先の小暮主任:堀部圭亮

【あらすじ】引っ越し費用の百万円貯めるために、その土地土地でいろんなアルバイトをする鈴子

そこで出会った人間模様とか恋愛感情を持たれても基本的に鈴子が淡々としている様子が面白いです。

前科持ちになった理由も、同居人が自分の拾ってきた子猫を勝手に捨てたことに腹を立て、彼の荷物を全部捨ててしますという性格の不器用さが原因です。

人付き合いに現れる鈴子の不器用さ

うまく人と関われない鈴子が身近に感じられて親近感がわきました。

青年に声をかけられる

海の家でかき氷の売り子する鈴子。
そこで地元の青年にパーティーに誘われる

百万円貯まったからといって挨拶もなしに引っ越してしまいます。

青年が少しかわいそうだなと思いつつも事情が事情なのでしかたないかなとも思ったり…。

なかなかいい性格のさわやかな男性だと思ったんですが、鈴子のタイプではなかったようです。
そこまで淡々としていなくてもいいんじゃないかなと感じてしまいました。

一方で弟の拓也は同級生にいつもいじめられている

そんなことも知らずに鈴子は手紙を送るのですが、鈴子側と拓也側の映像がいつも対照的でどちらもこのあとどうなってしまうんだろうと気になり…。

次の引っ越し先は山奥の田舎

喫茶店のマスターに住み込み先と仕事を紹介してもらい毎日桃狩りに明け暮れます。

「桃娘」を辞退

働きぶりからも住人達に気に入られ、地元のキャンペーンガール「桃娘」に選ばれますが、しかし人前を憚る鈴子はこれを辞退してしまいます。

村の予算のためにもどうしても桃娘を引き受けてほしいと地元の住民たちは勧めますが、それを断固拒否し、この村の人間ではないと言う鈴子。

住民たちから大ブーイングを受け、たまらなくなった鈴子は前科があるとカミングアウトしてしまいます。

ここでも鈴子は一人の年齢が離れた青年に好かれる

その思いを聞くことなく立ち去ってしまいます。
きっと彼は彼女のミステリアスな部分に惹かれたのでしょう。

エマ

別れ際に収穫した桃を鈴子にプレゼントするシーンがあるのですが、淡い思いを抱いてる人っていうのは、切ないなぁと感じてしまいました。

トラックの荷台で、山での生活を思い出しながら桃をかじる鈴子の姿がとてもかわいいです。

今度は打って変わって、都会のホームセンターでアルバイト

そこで同い年で大学生の青年と出会い、仕事が慣れないうちからいろいろと助けてもらい2人は恋に落ちます。

森山未來演じるこの青年がとても純粋でさわやか

人当たりがいいのでとても魅力的に見えます。

飲み会で2人で話を合わせて抜け出すシーンは、気持ちが通じ合っているようでした。

コインランドリーで洗濯物をする姿やスーパーで買い物するシーンなど生活感があふれるシーンが多い

スーパーマーケット

人の日常を垣間見るのが面白いのでその点もこの映画が好きなポイントです。

ホームセンターで出会った中島という青年とお茶をして、なぜここで働いているのかと問われ、今までのことをすべて正直に話す鈴子。

「百万円貯まったらまた今住んでいるこの街を離れるのか?」

この問いかけに対しては返事をしない鈴子。

きっとこの青年とは離れたくないという思いが溢れていたんだと思います。

その思いが通じたのか、突然告白され受け入れる鈴子。

鈴子がこれまでのことを自白し、告白という急展開にびっくりしましたがそのシーンも買い物袋をもって告白というなんともかっこわるい姿だけど思いを抑えきれなかったんだろうな、と思うと心が熱くなります。

そのあと中島の家に夕飯を作りに行くのですが、家庭菜園などは堅実な性格があらわれていて好感が持てました。

まもなく百万円が貯まろうかというときに、新しくアルバイトの女の子が入ってくる

100万円

この子はチャラチャラしてて真面目に仕事しないタイプの子。

中島に近づこうとしているのか、いろいろモーションをかけてくるので2人の関係が終わるのかなと心配になりました。

中島は鈴子から頻繁にお金を借りるようになる

デートの支払いももちろん全て鈴子持ち。

エマ

きっと百万円貯まるのを阻止しているんだろうなーと容易に想像がつきます。
ここで流れるBGMが切ない…。
こついに「私がお金をもってるから付き合ってるんでしょう」と切り出す鈴子に対して、何も言えない中島が少しかわいそうに思えてきます。

そんなとき弟から手紙が…

いじめっ子の同級生とケンカしケガをさせてしまい児童相談所に連れて行かれたが、そんなとき前科持ちであることをからかわれて反抗する鈴子を思い出し、逃げるのは嫌なので転校もしないと決心したとそこには書かれてありました。

それを読んで鈴子は号泣してしまいます。

自分を強いと信じ込んでいた鈴子は率直に手紙に綴りますが、別れは悲しむことじゃないとの旨が書かれておりその内容が切ないです。

中島が鈴子にお金を返したあと…

例のチャラチャラした女子大生が出てきます。
「誤解されたままでいいんですか」

中島は走って後を追いかけますがもう鈴子の姿はありませんでした。

女子大生のアドバイスがなかったら中島は行動しなかったと思うと、この子がすごくいい子に見えてきました…。

最後の最後でニアミス

本当は鈴子が中島が会いにきているのに気づいているようにも見えました。
というかそうであってほしかった。

最後の最後で結ばれないと言う結末にショックを受けましたが、それが余計この映画を切なくしています。

この映画は人にはみんな言えない秘密があり、深く付き合っていくのは難しいと言うメッセージだと感じました。

「百万円と苦虫女」Twitterの口コミレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Amazon Pay で初回2週間無料!映画・ドラマ見放題☆
FODプレミアム公式サイトはこちら
Amazon Pay で初回2週間無料!映画・ドラマ見放題☆無料!映画・ドラマ見放題☆
FODプレミアム公式サイトはこちら