「カノジョは嘘を愛しすぎている」あらすじと感想【ネタバレ注意!】

カノジョは嘘を愛しすぎている

2013年12月公開の「カノジョは嘘を愛しすぎている」がとても面白くて好き❤️
わたしの好きな少女漫画が原作です。

シンデレラガール大原櫻子

ヒロイン役の大原櫻子ちゃんはなんと5000人もの少女から抜擢されたシンデレラガール。

いきなり映画のヒロインに抜擢され、しかもあのイケメン俳優・佐藤健の相手役ということで、公開前からかなり話題になっていました。

新人で演技も初挑戦ということでしたが、そうは思えないくらいとても自然な演技で良かったです。

何より小柄でとても可愛くて、マッシュルームカットがとても似合います。

男性俳優が豪華!

  • 佐藤健
  • 窪田正孝
  • 三浦翔平
  • 吉沢亮
今をときめく豪華なイケメン俳優ぞろいで、とにかくスクリーンの映像が常にかっこよくて美しかったです。

映画の冒頭はCRUDE PLAYのバンド歌唱シーンからスタート。
かっこよくて初っ端から引き込まれます。

特に三浦翔平がこんなに歌が上手かったとは知らず、その歌唱力に圧倒されます。

佐藤健(秋)も少し影のある暗い役柄で、何を考えているのか分からないし、タイトル通り、ヒロイン・理子に嘘をつきます。

嘘をついているのに、理子はそれを知りながらも好きになってしまいます。

エマ

最初、なぜ秋が好きでもない理子と付き合うことになったのかは分かりませんが、彼女に浮気されて自暴自棄になって他の誰かにすがりたかったのかなと、勝手に解釈しました。

佐藤健、難しいシーンも一発OK

秋と理子の初めてのデートでいきなりキスシーンがありますが、秋がキスの直後に笑いながら涙を流します。

この秋の複雑な気持ちを表現するシーンを撮影した際のエピソードが。

「難しい演技なので佐藤健さんは何度かNGを出すだろうな」と長丁場の覚悟をしていた監督。

それが、なんと佐藤健は一発OKだったそうです、すごいですね。
キスシーンも佐藤健の横顔はそれはそれはとても美しかったです。

この映画の最大の見どころは?

やはりヒロイン・理子の歌声です。
作中、歌声の披露を出し惜しみしていて、いい感じに引っ張ります。

やっと秋の自宅でギター一本の伴奏で披露された櫻子ちゃんの歌声が本当に素敵(^○^)

作中に秋がこの歌声を聞いて「好き」と思うんですが、観ているこちらも同じように、引き込まれてしまう本当に魅力的な歌声です。

特にサビの盛り上がり部分では鳥肌が立つくらいです。

そして、佐藤健もギターまで弾けるんだと、何でもできるなと感心しました。

微笑ましい2人に暗い影が・・・

明るくて歌が上手い理子にどんどん惹かれていき、楽曲の創作意欲や人を愛する気持ちを取り戻していく秋。

目に見えて秋の表情が明るくなっていくのが分かります。
そこの演じ分けも佐藤健はさすがの演技力でした。

微笑ましくて幸せな2人でしたが、理子のデビューを目前に、週刊誌に秋との関係が知られてしまいます。

理子の夢だった歌手デビューが、自分のせいで奪われることになってしまうことだけは避けたい秋。

嘘をついて理子を守った秋

そこで、相武紗季扮する茉莉と付き合っているという嘘の記事を世に出すことでもみ消すという方法で理子を守ることに。

でも、理子を傷つけてしまうし、またもや理子に嘘をつかなければいけなくなります。

でも最初の嘘とは違って、今度は理子のために、理子を守るためについた嘘なので意味が大きく違います。

秋が階段で涙するシーンはとても切ないです。

だけど、秋が作る曲には秋の本当の想いと理子への気持ち、真実が込められていました。

胸キュンシーンが続く☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

この曲を理子へ届けてくれるのが三浦翔平扮する瞬の役目だったんですが、理子の頭を優しくポンポンするシーンがあったり、本当にキュンとさせてくれる映画です。

この曲のおかげで誤解は解けるんですが、二人が寄りを戻すかどうかは別で。

しかも、理子のデビューライブ当日に秋は海外にいってしまいます。

またもや瞬の働きにより、二人が最後に少しの間だけ会うシーンが映画のラストシーンなんですが、秋が理子に優しくキスをします。

その後、秋が予定通り海外に行ったのか、二人の関係は続くのかご想像にお任せします風なラストになっていますが、歌で繋がっている二人なので、大丈夫だろうな、とそれくらい歌が作中でとても重要に描かれていました。

音楽業界の真実・闇|一般人には分からない部分

例えば、バンドの楽器演奏がプロの代役だったり、ベテランの歌手が若手をいじめたり、スキャンダルを別のスキャンダルで隠したり。

実際に音楽業界で本当にこういうことがあるのか分からないですけれど、こういうこともあるのかなと考えさせられます。

一番考えさせられたのが、反町隆史が演じる高樹という音楽プロデューサーは、作中売るためには手段を選ばないという少し嫌な役ですが、とてもいいセリフがあります。

マッシュ&コーがデビュー曲を披露する前に理子に声をかけるシーンです。

この世に生まれるすべての音楽には、必ず誰かの想いとか、人生がつまっている。
でもそうやって生まれた音楽の大半が、誰からも気づかれることなく、それこそ音も立てずに消えていく。
聞いてもらえるチャンスすらそもそもないんだ。

わたしたちは、ただ普段何気なく、好きな歌手の歌や流行りの音楽を聴いているけれど、歌手って売れるのは本当に大変なんだな、ほんの一握りしか成功できないんだな、わたしがこの音楽に出会えたのは奇跡なんだなと気づかせてくれたんです。

続いて高樹のセリフはこう続きます。

恵まれたデビューに感謝しろ。
たくさんの想いをお前の声にのせて、力の限り歌え。

この直後に一瞬の無音があって、静寂の中から突き出されるように始まる理子の歌声に、鳥肌が止まりません。

エマ

感動で涙すら出ます。
櫻子ちゃんは本当に歌が上手い。

しかも、秋との別れなどを乗り越えて、感情をのせて歌っているのが分かるからなおさら心に響きます。

この子がオーディション選ばれるのも納得でした。

この曲だけではなくこの映画に出てくる音楽がどれも良くて、CDを買ってしまうくらいハマりました!

佐藤健ファンなら「8年越しの花嫁」もオススメ。
切なくて心が温かくなって、号泣です。
「8年越しの花嫁」感想|感動の実話を映画化

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


初回31日間無料!映画・ドラマ見放題☆
U-NEXT公式サイトはこちら
初回31日間無料!映画・ドラマ見放題☆
U-NEXT公式サイトはこちら