「マイ・インターン」あらすじと感想

この映画は2015年に公開されました。

「マイ・インターン」あらすじ

ベンこの物語は、仕事を引退して妻を亡くした70歳の主人公ベン(Robert De Niro)がある日買い物に行った際にある広告を見つけたのが始まりです。

その広告とはジュールズ(ANNe Hathaway)が経営するインターネットファッションサイトの会社がシニアインターンを募集するというものでした。

ベンは日々の退屈な時間を何かで埋めたいと考えていたのでそのインターンに申し込むことにしました。

まずわたしの最初の好きな場面はこのインターンのために面接をする場面があります。

面接は日本企業が行うような硬いものではなくフラットな感じで、色な色人と今までの経験であったりを話します。

もちろん面接官の人はベンよリも若く、会話の内容がちぐはぐ。

それになんとか答えようとするベンの姿を見て欲しいです。

ベンはシニアインターンに合格し…

そしてその後ベンはインターンに受かってはれてシニアインターンとして働きはじめます。

そこでベンはジュールズのアシスタント的な役職に就きます。

ジュールズそこから物語はどんどんと展開されていきます。

あまりネタバレをしたくないので細かくは言いませんが、ジュールズには仕事の面でも私生活の面でも悩みを抱えていました。

それを最初は親と同い年くらいであるベンをあまりいいとは思っていませんでした。

ですがあることがきっかけで距離がグッと近づいて、どんどんジュールズにとってなくてはならない存在になっていきます。

そこからべんがジュールズが抱えている悩みに対して的確なアドバイスをしていき、ジュールズの公私の生活が良い方向に向かっていくという感じで話が終わっていきます。

ジュールズとベンの距離が近づくきっかけとなったシーン

そこでは少し驚くようなことがあるのですがそこはネタバレになってしますのであまり触れないようにします。

見て確かめて下さい。

心がすごく温かくなります。

メールの送信先を間違えて…

ジュールズがある日夫に送るはずだった母親に対する苛立ちのメールを間違えて母親のパソコンに送ってしまい、それを母親が確認する前に消して欲しいとベンたちに頼みそれを消しにベンたちがジュールズの親の家に潜入するという場面です。

ベンの同僚たちも個性が豊かでそのやりとりがものすごく面白いです。

ベンと同僚初めて映画館で見たとき結構大きな声で笑ってしまいました。
これが私の好きな場面です。

正直もっとあげることもできるのですが、ネタバレになりそうで嫌なので好きな場面をあげるのはこれでやめます。

いや。もう一つだけ載せます。

ベンとジュールズの娘のやりとりの場面

ジュールズの娘ジュールズの移動する車のドライバーもやりはじめたベンは、朝ジュールズを迎えにいくので毎日ジュールズの家にいきます。

そので家の中に通されてそこで初めて二人が会います。

ジュールズの娘はまだ5歳くらいで幼稚園に通っている感じ。

そんなことがあって毎朝顔を合わせることになっているので、だんだんとジュールズの娘はベンにも慣れてある意味惜おじいいちゃんのような立ち位置になってるような感じ。

そこである日ジュールズの娘が通っている幼稚園の友達の誕生日会にいくことになっていました。

けれどもジュールズは仕事があり、ジュールズの旦那も風邪を引いていて送ることができないという状況になってしまいました。

しょうがないからシッターさんに頼もうとするのですがジュールズの娘がそれを拒み、ベンに連れていって欲しいと頼んでそれをベンが承認して、車を運転して連れて行くという場面があります。

その車の中でのやりとりが面白くもあり、また本当のおじいちゃんと孫のやりとりのようにも見えます。

ドラマ映画って面白いんだなー

ジュールズこの映画を見るまでファンタジー系の映画が好きで見ることが多かったのですが、この映画を見たことによってドラマなどのジャンルも面白いんだなと感じました。

また内容がかなり現実味のあるものなので人間の他人に対する心情の変化を見るのも楽しいです。

またこの映画によって自分の中でのRobert De Niroさんのイメージがだいぶ変わりました。

わたしの中ではThe Godfatherに出てたイメージが強く、なんというか少し強面のイメージがありました。

しかしこの映画では笑顔がとても優しいおじいちゃんという感じで完全に自分の中でのイメージをいい意味で崩してくれました。

またもう一人の主人公を演じたAnne Hathawayに関してはやはりいつどの場面でもめちゃくちゃ綺麗です。

自分は『プラダを着た悪魔』で初めてAnne Hathwayを知ったのですが、全くその時から顔が変わることなくどんどん大人の色気を増している、まさに完璧とはこのことだろうという感じです。

今回は一児の母でもある役を演じているのですがその子役とのやりとりも本当の親子のように見えます。

実際に映画の記者会見の時の写真を見てもAnne Hathawayがその子役を抱っこして写真をとっているところを目にしてそこでもまた心があったまりました。

本当にこの映画は笑える場面あり、心が温かくなる場面ありの最高の映画だと思います。

英語の勉強にも◎

ベンとジュールズまた英語の勉強をするにあたっても、アクションであったりファンタジーとは違い日常生活なので会話で使えるようなフレーズも多くでできます。

なので英語の勉強でどの映画を見たほうがいいかと友達に相談される際は、必ずこの映画を推薦しています。

映画館で3回見て、またそのあとはDVDが発売されてすぐに購入して、最初は毎週のように見ていました。

今でも何か嫌なことがあったりしたらこの映画を必ず見るようにしています。

「マイ・インターン」から読み解く男女の働き方

日本で「男女共同参画社会基本法」施行して21年が経過

ここ数年で日本社会においても、女性の社会進出が前進してきていると肌感覚では思います。

大学を卒業し、仕事に就く女性がほとんどですよね。

昔は女性と男性の役割が分かれていた

ひと昔前までは結婚や出産・育児・介護などのライフイベントが、女性の役割とみなされ、男性側もそれを当たり前かのような態度でした。

男は外で、女は内で働く時代です。

現在の親の世代は、その価値観が自然であり、今でも同世代の間で違和感を覚えることはありません。

X世代と呼ばれる、10、20代の世代では、その価値観がガラリと変化

ライフイベントは、女性と男性の両方に訪れる役割なのです。

男性も出産・育児・介護の現場に立ち会い、時間・空間を共に過ごすのが、パートナーとしての平等な責任。

それがパートナーとの関係を公平に保つ要素であるでしょう。

『マイ・インターン』の主人公ジュールズは、会社社長

一方、夫マットが主夫として家庭を支えています。
その家族のまわりにある問題や課題を映画の中で取り上げています。

そして、何よりもこの映画の魅力を底上げしているのが、ロバート・デ・ニーロ演じるベン。

主人公ジュールズや家族、社員との距離を類まれな経験と感覚で読み分けて対応します。

今回は、女性の社会進出における問題点・課題点と適切な対人距離感に注目してこの映画を分析するのが狙いです。

女性の社会進出を論じるにあたって、アメリカ社会の現実を日本社会に住む筆者の目線分析を試みようとするため、実際のアメリカ社会とこの映画で描かれているアメリカ社会との比較は省きます。

ジュールズが抱える2つの問題

働くママとして同世代のママから冷たい態度を取られる

ジュールズが映画で娘ペイジを学校に送迎すると、同級生の他のママたちが固まって何かを話している。

学校の用事についてジュールズが尋ねられても、どうせ仕事が忙しいだろうから。と一蹴される始末。

その場では「参加できる」と答えたが、ジュールズの表情はどこか暗かった。

娘の成長は、母親であれば一瞬たりとも見逃したくないのが本音。

しかし彼女は従業員を抱える企業の社長であるので、家族と同様、社員も守らなければならない。

わずか30歳手前で成功した彼女にとっては、少し辛く重い責任であるように感じる。

ここには、現代社会における同世代ママの相手の子育てに対する向き合い方に問題があると思う。

同じ母親という立場であれば、我が子の成長をそばで見守っていたいという心情には共感しているように思える。

しかし、子育てに向き合うジュールズの外部要因にまで神経が通っていないようにわたしは感じた。

確かに、ジュールズの立場は同世代ママの中でも特異な存在であるのかもしれないし、彼女らの親世代にもジュールズのように独立して起業しながら子育てをしていた女性は数を数えるほどだろう。

しかし、少しでもジュールズが直面している仕事の危険な橋から見える景色を想像することができれば、より深い気づきに繋がり、ジュールズの立場を理解することが可能だったのかもしれないと思う。

夫マットの浮気

浮気に気付いていながらも、夫マットには直接何も告げず、ベンと出張して距離を置いたジュールズ。

ベンもまたマットの浮気の現場を出発前に目撃していたが、ペイジにもジュールズにもマットにも何も言えぬまま出張先へと同行する。

ホテルの防犯装置が作動した騒ぎの後、ベンと話をしていたジュールズは突然マットが不倫していることをベンに語り始めた。

ジュールズは、夫マットとの不仲を感じてはいたものの、終わらせなければならない仕事や時間に追われ、いつの間にか目の前にある大切な存在から距離が遠かったと感じていた。

それに気付いてはおり、夫マットや娘ペイジに寂しい思いを味あわせているのではと不安に感じていました。

けれども、どのように時間や空間を共有すれば、強く繋がっているのかと2人に感じさせることができるのがの答えがわからずにいたのだ。

そんな不安定な心情を抱えていたジュールズに、夫からの別の女の存在という事実は、ジュールズにとってもどう対応していいのか分からなかったのだ。

映画では、ジュールズとマットがなぜ、どこですれ違ってしまったのかについての深い分析はなされていない。

結果としてジュールズはマットに不倫している事実を知っているとマットに認識させ、会社の経営者を外部から雇うことにより家族との時間を増やすことで解決しようという方向性で決断する。

しかしマットが直前に会社に駆け込み、社長を雇うのはジュールズのためになるのかと問いかけ、マットはジュールズに経営権を維持したまま働くことを後押しするのだった。

もし、あなたの大切な人が、どこかで知らない人と不倫していたら・・・。
次にどんな行動に出ますか?

そしてそれに気付いてしまった時、あなたはその時の自分の選択肢のどの範囲まで影響を及ぼすことができるでしょうか。

ここには、一人一人の人生における価値観が関与してくると思いますが、わたしは少なくともジュールズと同じ立場状況だった場合、家族との時間を増やす方に傾くでしょう。

つまりジュールズと同じ決断をするでしょう。

エマ

しかしそこで燻っているのは、女性として起業してここまで仲間とやり遂げてきたものが、思いがどこかで途切れてしまうことへの恐怖です。

体内に異物が入ると体の免疫が反応するように、ジュールズもまた新しい人を組織に、自分の会社の文脈に取り込むことが何らかの側面でプラスではないと判断していたのでしょう。

なので、長年苦楽を共にした仲間からの経営者推薦の話を聞かされた時も動揺して起伏が激しくなってしまったのではないかと考えています。

家族との時間か。
会社にかける時間か。

ジュールズにとってはどちらも自分の手で掴んだものだったからこそ、自分の手で守りたいと願い、慈しみ愛していることに、この一連のシーンの変化で気づかされる場面になっているのです。

エマ

アン・ハサウェイのお仕事ドラマと言えば「プラダを来た悪魔」。

「マイ・インターン」が面白かったなら、きっとプラダ〜も気に入ると思うので、ぜひチェックしてくださいね。

映画「プラダを着た悪魔」の感想レビュー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Amazon Pay で初回2週間無料!映画・ドラマ見放題☆
FODプレミアム公式サイトはこちら
Amazon Pay で初回2週間無料!映画・ドラマ見放題☆無料!映画・ドラマ見放題☆
FODプレミアム公式サイトはこちら