ボディオイルを最大限効果的に使う方法を教えます。

目次

ボディオイルっていつどんな時に使うの?意外と知らない謎にお答えします

スキンケアのアイテムとして欠かすことのできないボディオイル。

なんですが、もともとそういう文化がなかったからなのか、女性であってもボディオイルまで塗ってケアするという人は決して多くはありません。

サチ

でもやはり、お肌の保湿はマスト。
乾燥肌だと、かゆみをもたらします。

それに、やっぱり首や手先なんかのボディパーツって意外に他人から見られるじゃないですか、とくに夏場は。

というわけで今回はそんなボディオイルの基本をチェック。
正しいボディケアで、いつまでも若々しい素肌の自分を保っていきましょう。

ボディ○○っていろいろありますよね。

まずはボディのスキンケアに欠かせないボディオイルですが、他にもボディ○○っていっぱいありますよね。
そのあたりを、しっかり押さえておきましょう。

かんたんに言えば保湿力の違い

ボディ○○の違いは、簡単に言えば保湿力の違いです。

一般的にはボディローション、つまりカラダ用の化粧水が1番保湿力が低く、ボディオイルが最も保湿力が高いという考え方で間違いありません。

他にも、ミルク、クリームなどいろいろありますが、順番的にはこう。

「ローション→ミルク→クリーム→オイル」の順番で高保湿

お出かけ前は保湿弱め、寝る前は強めで。

ボディローションやボディクリームなど保湿力の低いものは、基本的にお出かけ前などが効果的。

対してクリームやオイルは、寝る前の最も保湿が要るときに塗りましょう。

また、オイルはなじみが良く広がりやすいのが特徴。
マッサージにもよく使われますよね^^

ボディクリームは定着度が高いですので、気になる箇所にピンポイントで使うなどするのがオススメです。

ボディオイルの基礎知識

それでは、ボディオイルの基本的な使い方を見ていきましょう。

ボディオイルはお風呂場で使うべし。

お風呂に入っている女性

まずボディオイルをベッドの上で使うと、やはり垂れたり汚れたりが気になりますよね。

そう言う意味でも簡単に洗い流せるお風呂場で使うのがベストなんですが、もちろんそれだけではありません。

というのも、ボディオイルに必要なのは温度。

オイルはその性質上、温度が高い方が伸びが良く、またなじみも良くなりますので、できるだけ肌の表面温度が高い時に使うのがポイントなんですね。

ですので、お風呂から出てカラダを拭く前がベストです。

タオルでポンポン

カラダにボディオイルを塗った後、そのままバスタオルで拭いてしまったらせっかくのボディオイルが……。
なんていう心配は必要ナシ。

高い温度で肌になじんだボディオイルはそんなに簡単に落ちません。
バスタオルで拭いても大丈夫。

ただ、ごしごし拭いてはさすがに落ちてしまいます。
できるだけポンポンと上からたたくように洗ってあげると、きれいに洗いあがります。

オイルは外側から内側に。

ボディオイルを塗るときは、少しマッサージをするように塗るとより効果的。

サチ

できるだけ身体の外側→内側方向へ。

リンパの流れを促して、新陳代謝を活発になります。

たとえば手なら「手指→手首→ヒジ→二の腕→肩」の順番といった具合

また、首回りも同じようにリンパの流れにそって。

耳の下から首を通って鎖骨に抜けるラインに沿って塗っていくといいでしょう。

基本は、外側から内側に向かって、です。

ここにも使えるボディオイル

ボディオイルといっても使える場所はボディだけではありません。

ウルツヤ髪にだってなれる♪

髪の美しい女性

髪にだってオイル。
うるおいもがアップしますよ。

ただ使う量には注意してくださいね。
1~2プッシュで十分。

特に、お風呂上がりに使うドライヤーの熱は髪の毛のうるおいとキューティクルにとって大きな敵なんですが、そんなドライヤーの熱からも守ってくれるのがボディオイル。

しかも、身体に塗ってちょっと手に残ったオイルを気先を中心になじませるだけでOK。

塗り終わった後のなんだかもったいない気分も消えて、一石二鳥です。

ネイルケアにも◎。

爪のチェック

ハンドクリームでケアをしてますか?
でも率直なところ、ボディオイルの方が塗りやすくて便利。

特に爪の血色をよくしたいときは、よりよくなじんでスベリもアップするボディオイルの方がマッサージしやすいんですね。

方法は、まずローションを塗ってその上からボディオイルが最適。
爪の付け根や周りを丁寧に、特に爪の切断面に塗り込んでいくと割れ防止や乾燥防止に役立ちます。

ボディオイルならメルヴィータ

そんなボディオイル、「オススメは?」と聞かれたらやっぱりメルヴィータ

もちろん代名詞のアルガンオイルも◎ですが、意外といいのが『ロルロゼ ブリリアント ボディオイル』。

ロルロゼ ブリリアント ボディオイル

ローズヒップオイルやシーバックソーンオイルでうるおいと滑らかな肌をキープしてくれるのはもちろん、やはりポイントはピンクペッパー。

このピンクペッパーが肌をキュッと引き締めてくれます。
ピンクのボトルもかわいいですし、ぜひ1つ供えておきたいボディオイルですね♪

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる