着物の処分方法7つを解説

遺品だったり、もらい物だったり、もう着る予定のない着物を処分する方法を分かりやすく解説していきます。

着物を手放す方法を7つ挙げてみました。

  1. ゴミとして捨てる
  2. 欲しい人に譲る
  3. 寄付する
  4. リサイクルショップに持っていく
  5. メルカリやヤフオク!などで売る
  6. 着物専門の買取業者に依頼する
  7. リメイクする
目次

1、ゴミとして捨てる

ゴミを捨てる女性

お住まいの地域のルールに従って、着物をゴミとして捨てる方法です。

可燃ゴミだったり、資源ゴミだったりと地域によって扱いが変わってきますので、あなたの地域ではどのようなゴミとして出せばよいのか調べてみましょう。

2、欲しい人に譲る

着物がまだきれいで着れる状態ならば、欲しい人に譲りましょう。
あなたの周りで着物を着る方はいませんか?

または手芸が趣味の方に譲っても喜ばれるかもしれません。

3、寄付する

NPO団体などに寄付しても良いですね。
着物が有効活用されますし、あなた自身も善い行いをしたと気分が良くなるのではないでしょうか。

ただし、団体への着物を送る際に送料は自分持ちのケースが多いので、お金は使わずに処分したいという方にはオススメできない方法です。

4、リサイクルショップに持っていく

お近くにリサイクルショップはありませんか?
そこに持ち込んでみるのも良い方法です。

でも洋服専門のリサイクルショップだと、そもそも買取を断られたり、着物の価値をきちんと評価してもらえず安い値段でしか売れない場合もあります。

5、メルカリやヤフオク!などで売る

フリマアプリを見ている人

7つ挙げた方法の中で1番手間がかかりますが、手元に残るお金は多くなるでしょう。

ただ、出品するだけでも結構面倒なのですよね…。

きれいでインパクトのある写真を撮らないと、そもそも商品ページをクリックさえしてもらえないし、キズや汚れは漏れなく撮って載せないといけないし、出品の文章を考えるのも大変だし、採寸(着丈・裄丈・袖丈・袖幅・前幅・後幅など)もしなくちゃいけない…。

なんとか出品し終えても、すぐに売れるとは限らないからそれまで着物をきれいに保管しておかなくてはならないですし、売れた後のメッセージのやり取りも、売る着物が多いとなかなか疲れます。

個人相手の取引は疲れる

そして値下げ交渉がかなりの頻度でくるので(私の体感だと70%くらいかな)、それに応じるかも悩みますよね。
できるだけ高く売りたいのが本音だけれど、この購入希望者を逃したら次はいつ現れるか分からない…、と悶々とします。

きれいに梱包して発送するのもなかなか手間がかかりますし、もし相手とトラブルが起きたらそれを解決するために気力が消耗しますね。

そこまでして、少しでも手残りが良い方を選ぶのか、悩みどころです。

これまでメルカリやヤフオク!を利用したことがあるならば積極的に利用することをオススメしますが、初めてだったり慣れていない人だと、1つ売るまでにすごく疲れちゃうと思いますね。

6、着物専門の買取業者に依頼する

着物専門の買取業者による査定

持ち込み、出張、宅配…いろいろ手段はありますが、着物専門の買取業者に引き取ってもらうのはどうでしょうか?

着物の知識をもったプロが査定するので、根拠のある妥当な金額で買い取ってくれます。

ただ着物を用意するだけなので面倒な手続きなど要りませんし、とてもラクですよ。

7、リメイクする

着物をバッグにリメイク

着ることはないけれど、手放すのはちょっと…という方にオススメなのがリメイクです。

着物を使って、洋服やバッグ、ポーチといった小物類を作ってみてはどうでしょう。

本やネットを参考に、手先が器用な人ならすぐに作れるでしょう。
新しい趣味になるかもしれませんよ。

【まとめ】着物を売るなら着物専門の業者が1番オススメ

着物を処分する際、ゴミに出したり、知り合いに譲ったりするのも良いですが、少しでもお金にしたいなら着物専門の買取業者に依頼するのが良いでしょう。

プロが適正な値段で買い取ってくれるので、ラクですしトラブルもなく安全です。

また手間がかかってもより高く売りたいという方は、メルカリやヤフオク!などに出品してみるのも良いでしょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる