【グラフ/GRAFFの婚約指輪】21世紀のキング・オブ・ダイヤモンド

イギリスのジュエラー“グラフ”をご紹介します。
1960年創業、21世紀のキング・オブ・ダイヤモンドとの呼び声も高い、大粒で極上のダイヤモンドを提供しているジュエラーです。

日本ではハリー・ウィンストンほど知名度は高くありませんが、歴史的な素晴らしいダイヤモンドの数々を手掛け、セレブからも支持されています。

日本ではバタフライシルエットの人気が高いですが、婚約指輪もとても素敵なんですよ。

目次

アイコン

この投稿をInstagramで見る

(@remy_mariage)がシェアした投稿

選び抜かれたセンターストーンの周りをメレダイヤがぎっしりと取り囲み、極上の煌めきを放ちます。

あぁ、眩い…!

センターストーンはラウンドだけでなく、ハートやエメラルドカット、オーバル、クッションなどが用意されています。

の方のようにセンターをイエローダイヤにするのも、カラーダイヤモンド(特にイエローダイヤ)も得意とするグラフらしい選択で素敵ですよね。

フレーム

極上のセンターストーンに向かって、メレが付いているタイプ。
他のブランドでもよく見かけるデザインですね。

でも、王道ってやっぱり美しいなーって思います。
飽きも来なさそうだし。

メレがピンクダイヤもあったり、丁寧な石のセッティングの良さが目を引いたりと、素敵な指輪です。

シグネチャー

ダイヤモンドのファセットを想起させる立体的なアームが魅力。

私がグラフの婚約指輪で1番最初に惹かれたのがコレ。
こういうアームって好き。

洗練されたデザインですね。

コンステレーション

この投稿をInstagramで見る

Nisa(@nisa0310_wedandlife)がシェアした投稿


“星座”を意味するコンステレーション。

センターストーンをシングルまたはダブルでぐるりとメレが取り囲み、その名の通り空に瞬く星座のよう。

こちらのコンステレーション、Instagramでも結構見かけるので、人気なのかもしれませんね。

センターストーンは、ラウンドやクッション、ハートなどいろいろあります。

レガシー

この投稿をInstagramで見る

Mayu(@my.wdg4856)がシェアした投稿


最近気になっているのが、こちらのレガシー。
レガシーっていう名前も、受け継がれる指輪って感じでカッコ良いですね。

グラフらしいデザインで、他ではなかなか見られないのではないでしょうか。

細い2本のアームがセンターストーンに向かっていきます。
こちら、横から見ても素敵なんです!

ただ、ある人の「目みたいなデザイン」っていうツイートを見てから、確かにちょっとそうかも…って思ってテンション少し下がりましたww

パラゴン

THE 婚約指輪って感じのシンプルな逸品。
細目のアームが特徴。

こういうデザインの方が、ファッションを選ばずに合わせやすいのかも。

GRAFFの創業者ローレンス・グラフ氏について簡単に

たった一代で21世紀を代表するジュエラーを築き上げたグラフ氏。

15歳でジュエリーの世界に飛び込み、1960年にGRAFFを創業。

まとめ

どの指輪も都会的で洗練された印象を受けました。

アメリカやフランスのジュエラーが目立つ中、イギリスというのも一味違っていて良いですね。

グラフの煌めきを実際に目にしたいものです(*^^)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる