祖母の形見の着物を処分した話

祖母が亡くなって数年、今でも割と頻繁に思い出す。

祖母は普段は洋服だったけれど、日本舞踊を習っていたから着物は割とたくさん持っていた。

桐箪笥にたくさん保管された祖母の着物。
ずっと手つかずのままだったけれど、先日ついに処分することに。

一枚一枚出してみて、触れてみる。
これを着て踊っていたんだなーって思うと、なんだかこみ上げてくるものがある。

思い出のつまった着物だけれど、私や母のサイズとは合わないし、こうしてしまいっぱなしなのも着物が気の毒な気がする。
やっぱり使ってあげてこそ価値があるし、着物も喜ぶと思う。

というわけで、業者の人に査定に来てもらい、着物を買い取ってもらいました。

元々そんなに高い着物ではなかったので、金額も大したことはなかったけれど、祖母が好きだったモンブランのケーキ代にはなったので、それを買って仏壇にお供えしました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる