【指輪の素材】おすすめの種類はどれ?

指輪を購入するときに悩むのが地金の素材ですよね。

  • たとえば、婚約指輪だとプラチナを選ぶ人が多いけれど、カジュアルに使う場合はどうなんだろう?
  • そもそもどんな種類があるの?

今回はそのへんについて調べてみました。

目次

プラチナ

白銀色の輝きが美しいプラチナ。
希少価値が高く、変質や変色にも強いことから、永遠の愛を誓う婚約指輪にはぴったり。

Pt950たPt900などが刻印されていますが、こちらはプラチナを純度95%、純度90%を表しています。
プラチナは柔らかい素材なので、他の金属(パラジウムなど)を一定割合混ぜて指輪になります。

またプラチナ特有の重みも好まれています。

そして、プラチナ製品の多くにもロジウムでコーティングされています。

ホワイトゴールド

プラチナとホワイトゴールドの違いがイマイチよく分からない…、そんな人もいるかと思います。
確かに色味は似ていますよね。

まずそもそも、プラチナは元々白銀色ですが、ゴールドは金色ですよね。
それなのにプラチナと似たような色になるのは、合金でゴールド以外の素材も含まれているから。

加えて、更に白さを増すためにロジウムコーティングされます。
こちらのコーティングは、長く使っていくうちに剝がれていき、元々の色味が見えてくることがあります。
その際は、再度コーティングしましょう。

最近ではコーティング無しでも、かなり白っぽいものも登場していきています。

プラチナがピカピカの白銀色だとしたら、ホワイトゴールドは、もう少しグレイッシュな色味なので、男性だったらプラチナよりもホワイトゴールドの方を好む人が多いかもしれませんね。

プラチナより強度が高く、軽いので、普段指輪を着け慣れていない人にもオススメです。

K18、K14、K10などの刻印がされ、それぞれ75%、58%、42%の金を含んでいるという意味です。

イエローゴールド

華やかな黄色が魅力的なイエローゴールド。

サチ

カジュアルな感じが私は好きで、普段使いのジュエリーはほぼイエローゴールドで統一しています♪

こちらもK18、K14、K10とそれぞれ金の含有量が変わってきます。
K18の方がより黄色味が強く、K10は温かみのある黄色で耐久性はこちらが上です。

金の他に、銀と銅が半分ずつ配合されている素材です。

ピンクゴールド

最近人気のピンクゴールド。
かわいらしい色味で、日本人の肌にマッチ(ブルベ、イエべどちらにも◎)します。

ピンクゴールドのあの色味は銅の割合が多いからなのですね。
金75%に加えて、銀と銅が配合されています。

シルバー

お手軽価格で購入できるのがシルバーアクセサリーです。

私もいくつか持っています。
リーズナブルなので、あまりキズとかを気にせずに済むので普段使いにぴったりですよね。

よく見かけるのがシルバー925ですね。
これは銀が92.5%、その他の金属が7.5%の素材です。

金と同じく100%だと柔らかすぎて加工に向きません。

「シルバーは黒ずんでくる」ってよく聞きますよね。
硫化によるものなのですが、この使い込んだ感じがイヤな人はお手入れしてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる